openjtalk

TTS using OpenJTalk

node-openjtalk : Node.js TTS module using OpenJTalk

フリーの日本語音声合成エンジン OpenJTalk を利用する Node.js モジュールです。

  • Mac OS X 10.10.1
  • Node.js v0.10.36
$ npm install openjtalk
$ npm test

もっともシンプルなコードは以下になります。

var OpenJTalk = require('openjtalk');
var mei = new OpenJTalk();
mei.talk('こんにちは世界');

.htsvoice のパスと辞書ファイルを含んだディレクトリ、OpenJTalk の設定オプションを引数に渡せます。 引数は省略することもできます。省略した場合は MMDAgent のメイちゃんの声をデフォルトとして喋ります。 音声ファイルを複数用意すれば以下のように喋り分け出来ます。

var OpenJTalk = require('openjtalk');
var mei1 = new OpenJTalk(); // mei_normal を使用 
var mei2 = new OpenJTalk({ htsvoice: './voice/mei/mei_angry.htsvoice' });
var mei3 = new OpenJTalk({ htsvoice: './voice/mei/mei_happy.htsvoice' });
 
mei1.talk('これはテストです'); // コールバックは省略できる 
setTimeout(function() {
    mei2.talk('喋り終わり次第コールバックを呼びます', function(err) {
        if (err) console.log('err', err);
        console.log('コールバックを呼ぶ');
        mei3.talk('エラーが発生したらコールバックの引数からチェックできます', function(err) {
            if (err) console.log('err', err);
            else mei1.talk('エラーは発生しませんでした');
        });
    });
}, 2000);

設定値を変える場合は以下のようにします。

var OpenJTalk = require('./openjtalk');
var mei = new OpenJTalk({
    htsvoice        : './voice/mei/mei_normal.htsvoice',
    dic             : './dic/open_jtalk_dic_utf_8-1.08',
    sampling_rate   : 48000,
    pitch           : 220,
    audio_buff_size : 48000,
    alpha           : 0.5,
    beta            : 0.8,
    uv_threshold    : 0.5,
    gv_weight_mgc   : 1.0,
    gv_weight_lf0   : 1.0
});
 
// 喋る速度を調整することもできます 
mei.talk('すっごい速いです', 100, function(err) {
    mei.talk('普通くらいです', 200, function(err) {
        mei.talk('ゆっくり喋るよ', 300);
    });
});

上記がデフォルト値になります。

処理的には、OpenJTalk で wav を生成、それを afplay / aplay で再生、喋り終わったら削除、としているので、しゃべっている途中に中断すると wav ファイルが実行しているディレクトリに残ります。その際は手動で削除して下さい。

その他詳細は Twitter:@hecomi へご質問いただくか、http://tips.hecomi.com/ をご参照下さい。