Nostalgic Perogi Monogramming
    Share your code. npm Orgs help your team discover, share, and reuse code. Create a free org »

    generator-grunt-sharepublic

    grunt-share

    About

    • Web制作でGruntを使用する際、複数人で共同作業をしやすくするためのテンプレートです。
    • Gruntfileを複数作成できます。
    • 複数のGruntfileを自動的に読み込み共通タスクとして実行します。
    • 共通タスクは、開発用書き出し、リリース用書き出しの2種類あります。
    • 共通タスクとは別に通常のgruntタスクを独自に登録することもできます。
    • Gitの利用を前提にしています。
    • Gitのルートに本テンプレートを展開してください。

    Sample

    Setup

    1. Node.jsをインストール

    2. sudo npm install -g yo grunt-cli bower

    3. プロジェクトテンプレートをダウンロード sudo npm install -g generator-grunt-share

    4. プロジェクトテンプレートをインストール cd インストールしたいディレクトリ
      yo grunt-share

    Gruntfiles

    Gruntfile.jsは基本的に直接編集せず、
    /gruntfilesにあるtemplate_grunt.jsをコピペして好きな名前にリネームし、 自分専用のgruntfileとします。

    通常のGruntfile.jsの基本構成は以下のようになりますが、
    (参考)Gruntで快適な環境を整備したい!【タスク記述編】

     module.exports = function(grunt){
     
       ’use strict’;
     
       grunt.initConfig({
         // package.jsonに設定されている内容を取得
         // バージョンや名称などの情報を外部ファイルで共通化できる
         pkg: grunt.file.readJSON(“package.json”),
     
         // タスクの設定
         タスク名:{
           // タスクの対象となるファイルのパスや出力先等の設定
         }
       });
     
       // プラグインの読み込み
       grunt.loadNpmTasks(“使用するプラグイン名”);
     
       // タスクに名前をつける
       // ”default” はgruntコマンドを入力した際に行うデフォルトのタスク
       grunt.registerTask(“default”, ["タスク名"]);
     
     };  
    

    本テンプレート/gruntfiles/のgruntfileはこうなります。

     module.exports.extendGrantTask = function(grunt){
     
       ’use strict’;
     
       grunt.extendConfig({
    
         // タスクの設定
         タスク名:{
           // タスクの対象となるファイルのパスや出力先等の設定
         }
       });
     
       // プラグインの読み込み
       grunt.loadNpmTasks(“使用するプラグイン名”);
     
       // 共有タスクを登録する
       return {
        "common_before"   : ["タスク名"],
        "deploy"      : ["タスク名"],
        "release"       : ["タスク名"]
       };
     
     };  
    

    gruntのチュートリアルサイトなどをみる時は以下を置き換えて考えてください。

    • module.exportsmodule.exports.extendGrantTask
    • grunt.initConfiggrunt.extendConfig
    • grunt.registerTaskreturn {}

    returnオブジェクトで以下タスク配列を記述することで共有タスクとして登録されます

    • common_before
      deployreleaseそれぞれの前に(releaseの場合コピー前に)実行される共通タスク
    • deploy
      deployビルド専用タスク
    • release
      releaseビルド専用タスク

    共有のため必ず任意のサブタスク名をつけるようにしてください。
    NG

    uglify: {
        src: [“src/js/hoge1.js“, “src/js/hoge2.js“]
        dest: “deploy/js/hoge.min.js”
       },
       
    

    ['copy','concat','uglify']

    OK

    uglify: {
          hoge: {
             src: [“src/js/hoge1.js“, “src/js/hoge2.js“]
             dest: “deploy/js/hoge.min.js”
          }
       },
       
    

    ['copy:hoge','concat:hoge']


    grunt-contrib-〜
    で始まるプラグインはテンプレートに初めから組み込まれているので
    grunt.loadNpmTasksを呼ぶ必要はありません。

    それ以外は基本的に通常のGruntfile.jsと同じように使えます。
    とりあえず個人個人で色々と試してみるべきではないかと思います。

    Directory構成

    /
    |-- .gitignore
    |-- package.json - 設定。devDependencyを基にnode_modulesに依存ファイルをインストールします
    |-- node_modules - grunt含め外部nodeモジュールファイルの格納場所
    |-- release - リリース(release)ビルドの書き出し先
    |-- README.md - 本ドキュメント
    |-- Gruntfile.js - gruntfiles内のファイルを読み込みまとめて制御する。共有タスクを追記する。
    |-- libs - ライブラリなど
    |-- src - コンパイルが必要な言語、結合前JSなど
    |-- deploy - 開発(deploy)ビルドの書き出し先
    `-- gruntfiles - 個々別々のgruntfile置き場
        `-- template_grunt.js - 個人用gruntfileテンプレート。コピーして使う
    

    ビルド

    deploy版(開発版)書き出し

    • ターミナル cd プロジェクトディレクトリ + grunt deploy
    • プロジェクトディレクトリ選択 +
      【コンテキストメニューコマンド】Gruntーdeploy版を書き出し

    実行順序

    1. common_beforeタスク(deploy、release共通)

    deployビルド

    1. deployタスク

    deployビルド


    release版(リリース版)書き出し

    • ターミナル cd プロジェクトディレクトリ + grunt release
    • プロジェクトディレクトリ選択 +
      【コンテキストメニューコマンド】Gruntーrelease版を書き出し

    実行順序

    1. common_beforeタスク(deploy、release共通)

    releaseビルド

    1. copyタスク(全ファイルをdeploy→releaseにコピー)

    releaseビルド2

    1. releaseタスク

    releaseビルド

    自分のgruntfileだけビルドしたい

    拡張子除くgruntファイル名を引数に渡す
    grunt deploy:your_gruntfile_name
    grunt release:your_gruntfile_name

    Git連携

    .gitignore

    gitignoreファイルは記述したファイルをgitの管理から除外するGit設定ファイルです。
    以下のように指定しています。

    .*
    components/
    bower.json
    node_modules/
    release/
    !.gitignore
    

    node_modules/が除外されているため、初めにgitからデータを取ってきた時には 依存ファイルをインストールする必要があります。(package.jsonのdevDependenciesを基にnode_modules/にインストールされます)
    インストールしたいディレクトリを選択して
    【コンテキストメニューコマンド】
    Grunt-依存ファイルをインストール
    または、ターミナルを開いて
    cd インストールしたいディレクトリ
    grunt install

    package.jsondevDependenciesを基にnode_modules/にインストールされます。

    Tips

    直書きはどこでするか?

    deploy フォルダで。

    独自にnode_modulesに追加したいモジュールがある

    ターミナルgrunt install 追加したいモジュール -save-dev
    後ろに-save-devをつけるとpackage.jsondevDependenciesにモジュール名が記録され、 Gitを通じて共有されるので忘れないように。

    ファイルの更新を監視して自動ビルドさせたい

    watch:サブタスク名タスクにdeploy releaseを指定。

    watch: {
         hoge: {
            // 変更を監視するファイルを指定
             files: ["deploy/js/"],
             // 変更されたらどのタスクを実行するか
             tasks: ["deploy:your_gruntfile_name"]
          }
       },
    

    開発版とリリース版で処理をわけて書くのが大変

    common_beforeタスクのみを使う

    Keywords

    none

    install

    npm i generator-grunt-share

    Downloadsweekly downloads

    5

    version

    1.0.3

    license

    none

    last publish

    collaborators

    • avatar