console-wrapper

1.1.0 • Public • Published

なにこれ

よくあるconsoleラッパー。
require()のキャッシュを利用して同ディレクトリ内モジュールのコンソール動作を一括設定する。
honeo/console-wrapper
console-wrapper

使い方

$ npm i console-wrapper
const console = require('console-wrapper');
 
console.log('hoge'); // no output
 
console.enable();
console.log('hoge'); //"hoge"

Method

.enable()

有効化。
通常のconsoleメソッドを使う。

.disable()

標準。
無効化、何もしないダミー関数を使う。

.extension({...})

有効化(拡張モード)、行数が表示されなくなる代わりに……。
.cache: trueならコンソールメソッド実行時に引数を保存する。
.callback: 関数ならコンソールメソッド実行時に引数を渡して実行する。
.disable: trueならコンソールメソッドは実行しない。
.result: trueならコンソールメソッド実行後に引数を配列に入れて返す。

// example
console.ext({
    cache: false,
    callback({type, arguments}){},
    disable: false,
    result: false
});

.sync.method();

既に動作モードが設定されていればそのまま。
されていなければ.method()を実行する。

Properties

.cache

.ext({cache: true}) 時にコンソールメソッド実行時の引数が配列で保存される。
メモリに注意。

._console

ネイティブのconsoleオブジェクトへの参照。

Readme

Keywords

Package Sidebar

Install

npm i console-wrapper

Weekly Downloads

174

Version

1.1.0

License

MIT

Last publish

Collaborators

  • honeo