Learn about our RFC process, Open RFC meetings & more.Join in the discussion! »

alt-denonavr

1.0.0 • Public • Published

denonavr

Denon社製AVアンプの制御を行うモジュールです。今のところ、下記のようなことができます。

  • 電源ON/OFF
  • マスターボリューム変更
  • 入力切換
  • ダイナミックボリューム変更

使用方法

初期化

const avr_factory = require('denonavr');
const avr = new avr_factory();
// アンプの検索
avr.init((state) => {
    // 状態遷移を受け取るコールバック
}, 'AVR-X2400H', 'denon-avr-x2400h.local');

init()の引数でモデル名とホスト名を指定していますが、これらは省略可能です。

  • hostnameを指定した場合は、mDNSでのアドレス解決を試みます。
  • modelnameを指定した場合は、AMX Device Discovery Protocolで指定modelnameのビーコン送信元をAVアンプとします。
  • modelnameの指定がない場合は、AMX Device Discovery Protocolでビーコンの送信元を無条件にAVアンプとします。

ビーコンは30秒に1回くらい送信しているようなので、タイミングによってはAVアンプの認識まで時間がかかります。

init()でAVアンプ検索後は、AVアンプとコマンド送受信用のtelnet接続したままとなり、AVアンプの状態変化を常に監視します。AVアンプを手動操作したときも、telnet通信ライン上にはこちらから操作したときと同様のレスポンスが返されるので、これを解析することでどのような手動操作が行われたかを判断することができるようです。

後述のinit()コールバックで未対応のコマンドを含めて全ての受信イベントを通知します。

機器操作

try {
    // アンプの電源ON/OFF
    await avr.on();
    await avr.off();
    // マスターボリューム変更
    await avr.setVolume(20);
    // ミュート
    await avr.setMute(true);
    // 入力切換
    await avr.setInput('SAT/CBL');
    // ダイナミックボリューム変更
    await avr.setDynaminVolume('MED');
    const result = await avr.getDynamicVolume(); // => MED
} catch (e) {
    console.error(e);
}

Ver.1.0.0以降は、すべての機器操作用メソッドはasync関数になっています。うまく設定、取得できなかった場合はErrorがスローされますので、catchが必要です。

戻り値は設定(set)、取得(get)いずれの場合も設定値が返されます。

AVアンプの操作は、プロトコル的にはtelnetな無手順プロトコルなので、大層なことは何もしていません。 入力切換に使用できる引数は、下記のような感じになってます。

SAT/CBL, BD, DVD, AUX2, MPLAY, PHONO, CD, TUNER, TV, GAME

他にもありそうですが、アンプによって異なるようです。 init()のコールバックで状態遷移を受け取りながら、AVアンプを手動操作すると下記のようなオブジェクトを受け取れるので、inputプロパティをみることでお持ちのアンプの入力の指定文字列がわかります。

init()コールバックで受け取れるオブジェクト

state = {
    powerState: 'ON',
    volume: '35',
    muted: false,
    input: 'SAT/CBL',
    dynamicVolume: 'MED',
    unknown: 'SVON'
}

対応コマンドに関しては登録したコマンドのnameプロパティに、未対応のものは受信文字列そのままがunknownプロパティにセットされます。

コマンド拡張

コマンドを拡張可能です。たとえば、サラウンドモードのコマンドを追加するには以下のようになります。

// サラウンドモードコマンド追加
avr.registerCommand({
    // setSurroundMode / getSurroundMode
    name:  'surroundMode',
    cmd:   'MS',
    regs:  /^MS(.+)/
});

このようにすると、setSurroundMode および、getSurroundMode 関数でサラウンドモードの設定、取得ができるようになります。

try {
    await avr.setSurroundMode('DOLBY SURROUND');
    const mode = await avr.getSurroundMode(); // => 'DOLBY SURROUND'
} catch (e) {
    console.error(e);
}

また、init()のコールバックで受け取れるオブジェクトに surroundMode プロパティが追加されます。

{
    surroundMode: 'NEURAL:X'
}

使用環境

以下のような環境で使用しています。

項目 内容
ホスト Raspberry Pi 3B+ Raspbian Stretch Lite
AVアンプ Denon社製AVR-X2400H

Keywords

Install

npm i alt-denonavr

DownloadsWeekly Downloads

2

Version

1.0.0

License

MIT

Unpacked Size

22.2 kB

Total Files

6

Last publish

Collaborators

  • avatar